Discordの導入方法と使い方

こんにちは、ヒラタケです。

この投稿では、最近使っている人をよく見かけるチャットツールである「Discord」の導入方法や使い方を説明していきます。できるだけ分かりやすいようていねいに書いていきますので、参考にしていただけるとうれしいです。

そもそもDiscordとは

Discordとは、テキストチャットやボイスチャット(通話)が出来る無料のコミュニケーションツールです。ゲーマー向けのチャットツールとなっていて、ゲーム画面上に表示する機能(オーバレイ機能)やプレイ中のゲームを表示する機能など、ゲームに特化したつくりとなっています。

非常に動作が軽いので、ゲームの動作の邪魔をすることもありませんし、なんならブラウザだけで利用することも可能です。スマホ版のアプリもあります。Macでも使えます。

あと、ソフトウェアアップデート時のメッセージが特徴的なところが個人的に好きです。公式サイトの一番目立つところに「SkypeやTeamSpeakを使うのをやめよう」的な文章を書いてるのもつよいですね。

Skypeとの違い

「通話するだけならSkypeでいいのでは?」と思うかもしれませんが、DiscordにはSkypeよりも優れた点がいくつもあります。

などです。詳しい比較はDiscordのFeaturesのところでされているので、見てください。

Skypeはたしかに優秀なツールであるとは思いますが、やはりその動作が重いと感じる時がよくあります。それに対しDiscordは軽量で使いやすいです。Skypeで使える機能(通話、チャット、画面共有など)のほとんどはDiscordでも使うことができるので、不便を感じることもあまりないでしょう。

できないことといえば、携帯電話とかの電話番号への通話をかけられない…くらいでしょうか。

また、通話時に参加者ごとに音量の調節ができるというのはかなり便利です。ユーザによって環境が違うのは当然のことで、使ってるマイクやヘッドフォンの種類もそれぞれ違います。ある人の声が大きすぎるから音量を下げたいけど、別の人の声が聞こえなくなるから下げられない、みたいな問題はDiscordではありません。

「さっさと通話だけしたいんだけど、登録しなきゃだからメンドイ」って人もいるかと思いますが、Discordには面倒な登録なしに、ニックネームを入れるだけで参加できる機能もあります。チャットや通話をしていて、Discordを使ったことのない人を誘いたくなった時でも、ササッと招待することができます。

しかし、登録をしなかった場合仮アカウントとなりしばらくすると消えてしまうことになります。登録は難しくないので、ちゃんとアカウントを作ることをおすすめします。

Discordに登録してみよう

さっそく、Discordに登録してみましょう。

パソコンにDiscordをインストールした方が便利ですが、今回はブラウザで登録をしてみます。ブラウザから登録した後にパソコンにDiscordをインストールしても、ちゃんとログインできるので安心して下さい。

公式サイトからブラウザ版Discordを開く

まず、公式サイトを開き、「Open Discord in your browser」と書かれた紫色のボタンを押します。

Discord Website

ボタンを押すと、名前を入力するように言われるので、使いたいニックネームを入力します。ここで入力した名前は後から変更することが出来るので、安心して下さい。

入力して次へ進むと、よく見かけるチェックマークをいれるやつ(Google reCAPTCHA)が出てくるので、チェックを入れます。(これの画像選ぶやつ、ふつうに難しいんだよなあ。)

チェックマークをいれると画面が代わり、黒っぽい画面になります。これで仮アカウントの作成ができました。ここからDiscordにアカウントの登録を行います。

メールアドレスとパスワードを入れる

仮アカウントの作成ができると、次のような画面になるかと思います。

Discord Account

(※ここに映っている私のアカウントは説明用に用意したものなので、既に削除済みです。)

画面上部にある『このアカウントは仮アカウントです。サーバに参加できなくなる前にアカウントを作成しましょう!』と書かれたところに、『アカウントを作成する』というボタンがあると思いますので、そちらをクリックします。

すると、Eメールアドレスとパスワードを入力する画面になりますので、入力して保存をクリックします。

Discord Create Account

これでアカウントの作成は完了です。しばらくすると、登録したメールアドレス宛に確認のメールが来るので、『メールアドレスを確認する』と書かれたボタンをクリックしておきましょう。

チャットや通話をしてみる

Discordに登録ができたので、さっそくチャットや通話をしてみたいと思います。

しかし、アカウントを作ったばかりの状態ではフレンドがいないため、追加する必要があります。まずはフレンドを追加してみましょう。

フレンドを追加しよう

この手順で必要なものは次のとおりです。

最後が特に重要です。これをお持ちでない場合はチャットや通話をしてみることができませんのでご了承下さい。

Discordを開いて、上の方にある『フレンドに追加』というタブをクリックすると、次のような画面になります。ここからフレンドを追加します。

Add Friend

ここにある『Discordタグ#0000 を入力』と書かれている部分にDiscordTagと呼ばれるIDやフレンドコードのようなものを入力することで、フレンドに追加することができます。

DiscordTagは、画面左下の自分のアイコンが表示されているところに右側に書かれています。私の場合だと「Hiratake#9237」ですね。これをともだちから聞くか、自分のを教えるかして、先程の入力するところにコピペします。

入力できたら、あとは『フレンドリクエストを送信』を押すと送信完了です。あとは贈られた側が許可をすればフレンド、となります。

話してみよう

フレンドの追加ができたら、チャットや通話をしてみましょう。先程押した『フレンドに追加』タブの隣にある『全て表示』や『オンライン』のタブを押して話したいフレンドを選び、クリックします。すると、個別のページ(DM)へと移動します。

Discord

あとは画面下部にある入力するところに送信したい文字を入力して送信すればチャットができます。また、画面右上にビデオのマークや電話のマークがあり、これらを押すことでビデオ通話(画面共有もできる)や音声通話が出来ます。

そのとなりにあるピンのマークは、ピン留めされたメッセージを見ることが出来ます。

ピン留めとは、テキストチャットをしていて「大事そう、後からもう一回確認したい」と思ったものがあったときに、それを確認しやすくするためのものです。メッセージを右クリックすると『メッセージをピン留め』というボタンが出てきますので、試しに押してみてもいいかも。結構便利です。

ピンのマークの隣にあるボタンは、DMに別のユーザを追加するボタンです。Skypeでもグループにユーザを追加するボタン的なのがあると思いますが、そういう感じのやつです。今話している場所に、別のユーザを追加して、大勢で会話ができます。

通話中は、DiscordTagが書かれた部分の右側にあるボタンで、マイクのミュートとスピーカーのミュートを切り替えできます。

サーバを作って使ってみる

ここまでの説明で、Skypeなどと同じような感じでDiscordでチャットや通話が出来るようになりました。

しかし、Discordにはサーバを作る・サーバに参加するという機能があります。サーバを作ることで、ジャンルごとにチャットをする場所を変えられたり(チャンネル機能)、特定の人だけ書き込みができるチャット部屋を作れたり(権限機能)します。

サーバを作る

サーバを作る、というとなんだか難しそうな感じがしますが、誰でも簡単に作ることができます。

Discordを開き、画面左側にある『+(プラス)』マークを押します。すると、サーバを作成するか、サーバに参加するかを聞く画面が表示されます。表示されたら、『サーバを作成』を押します。

Create Server

『サーバを作成』を押すと、サーバ名、サーバリージョン、アイコンを設定する画面になりますので、設定したいサーバ名とアイコンを設定しましょう。サーバ名には日本語が使えます。サーバリージョンは、利用している地域から一番近いものを選びましょう。日本から利用しているなら「Japan」を選んでおけば大丈夫です。たぶん。

日本のサーバは最近追加されたばかり(2017年12月13日くらい?)で、もしかしたら安定しないことがあるかもしれないので、少し遅くはなりますが心配なら「Hong Kong」や「Singapore」を選んでもいいかもしれません。サーバリージョンは後から変更が可能なので、そこまで悩む必要はないとは思いますが。

設定が終わったら、『新規作成』を押します。これでサーバの作成は終わりです。

チャンネルを作ってみる

チャンネルとは、サーバ内に作れる部屋のようなものです。テキストチャンネルの中では文章でのチャットが、ボイスチャンネルの中では通話ができます。作ったばかりのサーバには、テキストチャンネルである「#general」と、ボイスチャンネルである「General」が用意されているかと思います。

通話は、入りたいボイスチャンネルをクリックすることで開始します。ボイスチャンネルに参加している人は、ボイスチャンネルの名前の下に名前とアイコンが表示されます。

Channel

チャンネルを作成するには、チャンネル一覧が表示されている欄の上部、サーバ名が表示されているところをクリックします。すると、その中に『+チャンネルを作成』という項目があるかと思いますので、それをクリックします。

チャンネル名と、その種類を設定する画面が出ますので、設定します。このとき、チャンネル名には日本語が利用できないのでアルファベットを入力します。

「Private Channel」というのがありますが、これは特定の人しかそのチャンネルを見ることができないようにする機能です。サーバの運営者だけが話をできるチャンネルを作りたい!みたいなときに便利です。

『チャンネルを作成』を押すと、チャンネルが作られます。

また、サーバ名をクリックしたところにある『カテゴリーを作成』を押すと、チャンネルをカテゴリごとに分類することができます。サーバを作ったばかりの状態であれば、「TEXT CHANNELS」というカテゴリに「#general」チャンネルが、「VOICE CHANNELS」というカテゴリに「General」チャンネルが入っているかと思います。チャンネルが増えてきた場合は活用しましょう。

他の人を招待する

サーバを作ることができましたが、まだ作ったサーバには他のユーザがいません。最後に、作ったサーバに友達を招待してみましょう。

招待には次のような方法があります。

上から順番に見ていきます。

フレンドを直接招待する

サーバに招待したい相手が、自分とフレンドとなっている場合は、フレンド一覧のところで招待したいユーザを右クリックしたところにある『サーバに招待』から招待ができます。

他のサーバに参加しているユーザを直接招待する

他のサーバにいる人を招待したい場合も同様にして、サーバのユーザ一覧のところで、招待したいユーザを右クリックしたところにある『サーバに招待』を押すことで招待ができます。

招待リンクを作成して送る

これが最もよく使われる招待の方法です(たぶん)。

招待したい「チャンネル」の名前の横にあるマーク(マウスカーソルをあわせると「招待を作成」と表示されるやつ)をクリックすると、そのチャンネルへの招待リンクが生成されます。

作成されたリンクの下にある『招待リンクに有効期限を設定しない』というところにチェックをいれると、通常は24時間程度で消えてしまうリンクが時間経過で消えなくなります。また、設定マークをクリックするとさらに詳しい設定が可能です。

Discord Link

このリンクを招待したい人に送り、リンクを開いてもらうことでサーバに参加できる、という感じです。

チャットや通話をしてみる

サーバを作って他の人を招待できたら、さっそく使ってみることにしましょう。

チャットは、好きなテキストチャンネルをクリックし、DMと同様に、画面下部にある入力するところに文字を入力して送信すればOKです。サーバによっては、独自の絵文字が追加されている場合があります。サーバの設定画面から自分で絵文字を追加することもできます。

続いてボイスチャット(通話)をしてみることにします。ボイスチャットをするには、入りたいボイスチャンネル(チャンネル名の左にスピーカーみたいなマークがついてるやつ)をクリックします。

Discord VoiceChat

ボイスチャンネルに現在誰が参加しているのかは、ボイスチャンネル名の下に表示されているので簡単に確認できます。また、参加後に「この人の声くそでかくてうるさい」的なことがあった場合は、ボイスチャンネル名の下に表示されているそのユーザを右クリックし、「ユーザの音量」の部分を調節することで、個別に音量を変えることができます。


この記事では、Discordの登録方法と、基本的な使い方を説明しました。権限の設定とかは書くと長くなりそうで大変なので後日気が向いたら、ということで。

Discordは軽量で、便利な機能が数多くついていて、既に多くのユーザがDiscordを使っています。今後もアップデートされてより便利になっていくと思いますので、今のうちから使い方を覚えて活用していきましょう。