SSL証明書の期限切れによる不具合について

こんにちは、ヒラタケです。「呟く茸の日記帳」に来ていただきありがとうございます。

本日2時頃から12時30分頃まで、SSL証明書の期限切れにより当サイトにアクセスできない不具合が生じておりました。

このため、サーバイメージをバックアップから復元し、WordPressに導入しておりましたバックアッププラグインのデータより今月13日のデータに戻しました。

現在は正常にページを閲覧することが可能ですが、一部ページのデータが破損している可能性があります。もし異常を発見された場合は、TwitterやDiscord等で教えていただけるとありがたいです。

原因についてですが、現在も分かっておりません。

サーバにSSHでログイン後、証明書の更新を試みましたがうまくいかず、正常にSSL証明書を更新できていた時点でのサーバイメージより復元を行い、証明書の更新を行いました。その際、下記のようなエラーが表示されました。

kusanagi update cert
Hook command "/usr/bin/ct-submit.sh" returned error code 1

エラーは出ましたが、それでも証明書の更新は行われていたため、今回の原因かどうかは分かりませんでした。その後アップデートを行った際に下記のようなメッセージが表示されました。

sudo yum update

(省略)

更新します  :certbot-0.19.0-1.el7.noarch
SELinux:  Could not downgrade policy file /etc/selinux/targeted/policy/policy.30, searching for an older version.
SELinux:  Could not open policy file <= /etc/selinux/targeted/policy/policy.30: No such file or directory
/sbin/load_policy: Can't load policy: No such file or directory
libsemanage.semanage_reload_policy: load_policy returned error code 2. (No such file or directory).
SELinux: Could not downgrade policy file /etc/selinux/targeted/policy/policy.30, searching for an older version.
SELinux: Could not open policy file <= /etc/selinux/targeted/policy/policy.30: No such file or directroy
/sbin/load_policy: Can't load policy: No such file or directory
libsemanage.semanage_reload_policy: load_policy returned error code 2. (No such file or directory).
OSError: No such file or directory

CertbotはSSL証明書の更新の際に使われるプログラムです。その更新の際にメッセージが表示されたので何か関係があるのかも。KUSANAGIではSELinuxが無効となっているはずなので、もしかするとそれが関係しているのかもしれません(違うような気がするけど)。

詳しい人いたら教えてほしいです。