名字の漢字を変更してみた

こんばんは、ヒラタケです。

普段、名前を書くときは一般的に使われている簡単な常用漢字を使っているのですが、戸籍にはパソコンで変換しようとしても出ないような漢字が記載されており、たまに不便に思うことがありました。

来月から社会人になるのを機会に、変えてしまおう!ということで先日、市役所で自分の名字の漢字を変更するという貴重な体験をしてきました。

文字校正の申し出

戸籍に記載されている漢字と普段使っている漢字が違っていると、本人限定受け取りな郵便物が受け取れないとか、身分証明書に運転免許証(作る時に住民票を出しているから戸籍に記載されている漢字と同じになる)を出したときに説明しなきゃいけなくなるとか、色々と不便なことがありました。

私は20年生きてきて、戸籍に記載されている漢字を1桁回しか書いてないんじゃないかっていうくらい書いた記憶がありません。学生証なんかも簡単な字になってるし、なんか申し込む時も簡単な字。ムズい字体に思い入れとか、無い。

調べてみると、「文字校正の申し出」というのを役所ですると、難しい旧字体とか誤った漢字とかを一般的に使われている字体に変更することができるっぽいことが分かりました。ということで、県知事選挙の期日前投票に行くついでに、漢字を変えてみました。

市役所に持っていったものは、だいたいこんな感じです。

市役所の総合案内的なところで、「名字の漢字を変えたいんですけど~」って言うと、戸籍とかを扱ってる窓口へ案内されました。

人に説明するのがすごい下手で苦手なんですけど、自分がしたいことを伝えられるように難しい方の漢字が書かれた運転免許証と、簡単な方の漢字が書かれた学生証を同時に見せて、こっちからこっちに変えたい!って言ったらなんとか伝わりました。

窓口で同じ様に相談すると、どうも名字の漢字を変えようとすると、自分1人だけではなくて家族全員の名字の漢字が変わってしまう、と言われました。そこで、分籍というのをすることで自分だけ戸籍を分け、その上で名字を変更することに。事前の調べできっとそうなるんだろうなーとは思っていたので、事前に家族には相談済み。

早速、分籍と文字校正の申し出のために書類を書き始めたのですが、本籍地が自宅ではなくて親戚の家になっていてしっかり覚えておらず、困りました。窓口の方に調べてもらってなんとかなったのですが、これからやろうと考えている方は事前にメモするとかしておいたほうがよさそうです。

普通は名前の変更には裁判所の許可みたいなのが要るらしいのですが、難しい漢字から簡単な漢字にするだけならそういうのはいらないらしく、1時間程度で変更が終わりました。返ってきたマイナンバーの通知カードの裏面に、変更しましたよーっていう書き込みがされてました。

免許証の変更

戸籍の漢字が変わったので、今度は運転免許証の漢字を変更しに警察署へ。特に悪いことしたわけではないけど、警察署に行くってすごい緊張する。

市役所であらかじめ住民票を300円で用意してもらって、警察署に駐輪場がないっていうハプニングを乗り越えて中に入り、免許関係のことを取り扱っている窓口へ行きました。

なんか免許証作り直しで写真とか撮らないといけないのかなーとか思ってたら、普通に裏面に変更後の名前と警察の印みたいなやつが記載されただけでした。お金も特にかからず。散髪行く前だったからほんとよかった。

次の免許の更新の時に、表面の漢字は変えてもらえるっぽい。全然運転してないからちゃんと更新出来るか心配だけど。


思ったよりも簡単に名字の漢字が変更できて驚きました。

あと、怖いと思ってた役所とか警察署の窓口の方がとても親切で、しっかりお話を聞いてくださったのでほんと助かりました。ありがとうございます。