楽天ブックスでコンビニ受取便を利用してみた

こんにちは、ヒラタケです。

先日消しゴムを買いに書店に行ったときに参考書が欲しくなって、その時はなんとか我慢したんですけど結局ネットで買ってしまいました。折角買ったので、ちゃんと活用していきたいと思います。

親が楽天ばっかり使ってた関係でAmazonの使い方よく分かんないしいつものように楽天ブックスで注文しようとしたら、「楽天ブックス@サークルKサンクスコンビニ受取便」でポイント3倍っていうつよそうな一文を見てしまい、初めてコンビニ受取便というものを利用してみました。

そのときに思った細かい疑問とか、使ってみた感想とかを書いていきます。楽天ブックスのコンビニ受取便の詳細についてはこちらを見てください。

受け取りのときの番号で悩んだ

すっごく細かいとこなんですけど、受け取りのときに必要な番号で悩みました。「メールでお問い合わせ番号と認証番号が届くからそれを使ってね!」とのことだったのですが、メールが届くのが遅くてなかなか番号がわかりませんでした。

購入履歴を見ると、「受取可」となっていたのでもうコンビニには届いているようでした。隣には番号も書かれており、「これを使えば受け取れるかな?」と思ったのですが、そこにあったのは「コンビニ受取番号」と「認証番号」でした。

『お問い合わせ番号がない…「コンビニ受け取り番号」と「お問い合わせ番号」って一緒なの…?』

普通に考えれば受取に必要な番号は2種類しかないみたいなので、これで受け取れるはずです。しかし、気になって仕方がありません。

コンビニに受け取りに行って受け取れなくて、何もせずに出て行くのはつらいので欲しくもないのにお菓子を買わなくてはいけなくなるかもしれません。それではポイント3倍の為にわざわざコンビニ受取便を利用しているのに余計にお金がかかってしまいます。

ただでさえ参考書買うときに120円引きのクーポン使えたのに使い忘れて損してるのに、これ以上お金をつかうわけにはいかない…っ!!でも早く読みたい…参考書…

メール届く前に取りに行った

自転車を飛ばして近所のコンビニへ。勇気を出してメールが届く前に受け取りに行ってみました。

入り口の近くにあるつよそうな装置の前で、必死にこわいのが顔に出ないように頑張りながら「コンビニ受け取り番号」と「暗証番号」を打ち込みました。何事もなく普通に受け取るための受付票が出力されました。

恐怖から開放されてホッとしました。ホッとしてまだ荷物受け取ってないのに受付票だけを持って外に出そうになりました。同じように「この番号使えるのかな…」っていう恐怖を抱えてコンビニに荷物を受け取りに行く方、荷物の受け取り忘れに注意しましょう。

自転車のカゴに、でっかく「楽天ブックス」って書かれたそこそこでかい段ボール箱をのせて自転車を漕ぐのが恥ずかしかったです。